札幌市中央区 0歳からの英会話教室 イングリッシュスプラッシュ

事務局 011-213-7361 受付時間:10:00~18:00 資料請求・体験予約

先生紹介 English instructor

経験豊富なネイディブ講師、保護者も子どももしっかりサポート
する日本人講師が確かな英語力を指導していきます。

イングリッシュスプラッシュ 校長 ホームス泉

Let’s experience English !

急速なグローバル化が進む今日の社会においては、国際的に活躍できる日本人を育成することが求められています。
インターネットが普及し、観光やビジネスなどにおいても海外との行き来ややり取りが身近となり、世界中の人と接する機会が多くなってきています。

従来の英語教育は英文和訳、書き換え問題、質問に対するステレオタイプな答え方など英語とは何かを教えていましたが、急激な国際化に伴い自分の考え方や意見を表現できる発信型の英語力が求められています。

英語学校イングリッシュスプラッシュでは、英語がわかる・できるだけでなく、これからの社会で生きるために役立つ英語力を身につけることを目的としています。 また、会話力を更に定着できるように日本語で文法の裏づけをする英検クラス、文法クラスも開講し、資格試験、受験合格を目指していきます。
聞く・話す・読む・書くを学習し、確かな英語力を指導していきます。

英語力を身につけるために最も大切なことは、外国人により多くの興味を持ち、英語を好きになることです。
その効果を高めるため、当校では様々な留学体験や体験型学習を企画し開催しています。

継続は力なり。
イングリッシュスプラッシュで、出来るだけ多くの英語環境にふれて、生きる英語力を身につけましょう!

(日) ブリティッシュカウンシル 公式資格取得カウンセラー
(英) British Council Foundation Certificate for Agents (pass/Distinction) Sep2017

外国人講師

経験豊富なネイティブ英会話講師

ジョシュア先生(ニュージーランド出身)

英語を話すことを楽しめるレッスンをしていきたい

私は、学校での小学校の先生の資格、英語講師の資格等を持っていて、ニュージーランドでは小・中学校の先生をしていました。

スプラッシュでは、幅広い年齢やレベルにあわせられる、英語や他の科目などの様々なトピックを含んだ教材を使って楽しみながらレッスンをしています。
先生達も、教材を工夫して使いながら、自分のベストを尽くして子ども達と向き合ってレッスンをしています。

私が一番やりがいを感じる瞬間は、自分が教えていた生徒さんが、自信を持って英語で話している姿を見ることです。
私にとって、これ以上誇りに思うことはありません。

子ども達が自信を持って英語を好きになってもらえるように、英語を話すことを楽しめるレッスンをしていきたいと思います。

【校長より】
ジョシュア先生は、日本にきてからは、名古屋で1年半近く英会話スクールで働き、大人から子どもまで英語を教えていました。

ショーン先生(アメリカ出身)

「英語を楽しむこと」「勉強の仕方がわかること」を大切にしています。

子どもたちが英語を学ぶうえで一番大事なことは、先生やネイティブの人たちがどのように英語を使いリアクションをしているかを知ることです。
そのうえで子どもたちが英語を話したり、英語に触れて楽しんでいる姿を見るととても嬉しく感じます。

当校は働いているスタッフ同士もとても仲がよく、色々とサポートしあえる部分があるので子どもが英語を学び環境としてもすごく良い環境です。

これからも「子どもが英語の授業を楽しむこと」「子もたちが何を学び、どのように勉強していくといいのかがわかること」を大切にしながら教えていきたいと思います。

エレナ先生(ポルトガル出身)

英語を習得する時に大切なことは、ボキャブラリーと自信を持って話すことです

日本に科学や英語を教えることと、天候について調べるために来ました。
英語の講師として、北海道大学、藤女子大学や英会話スクールで教えていました。

子どもが英語を習得する時に大切なことは、ボキャブラリーと自信を持って話すことです。
イングリッシュスプラッシュは人々が優しく、いつも教室に心地のいい空気が流れている環境なので、
子どもは気持ちよく英語を学んだり、会話をすることができると思います。

子どもがすらすらと英語を話したり、新しい単語を熱心に覚えようとする姿を見た時、とてもうれしく思います。

ルシア先生(カナダ出身)

英語で話しかけた時、子どもたちがその英語が理解していたり、子どもたちが楽しそうに英語を話している姿を見た時、私はとてもうれしくなります。

私はチューターとして、カナダで12歳以下の子ども達に2年間フランス語の文法を教えたり、日本の大学で英語の論文の書き方を生徒に情熱をもって教えていました。

子どもたちが英語を第二言語として身につけるためには、語彙と同じくらい文法は重要です。
小さな子どもたちの場合は、英語の文法の組み立てをわかりやすく説明しながら、新しい単語を吸収してもらうように授業を進めます。

子どもたちが英語で質問したり、英語で答えたりしながら、コミュニケーションをとおして英語の理解力を深めていきます。
当校は、さまざまな教材、いろいろな先生たちのサポートを受けながら、一人ひとりの英語を理解する過程が把握できることが気に入っています。

マアヤ先生(カナダ出身)

子どもたちが「英語を学ぶことが楽しい」と思うことが何より大切です。

私は2014年にTESOL を取得し、東京と埼玉にある英語学校・幼稚園・イングリッシュキャンプ・ボランティアで1歳から12歳までの子どもたちに英語を教えていました。

子どもたちが英語を第二言語として身につけるためには「ローマは1日にしてならず」の言葉のように、語彙力、文章力など全てカバーするためにたくさんの時間が必要です。
ですから、子どもたちが「英語を学ぶことが楽しい」と思うことが何より大切です。

イングリッシュスプラッシュは、フレンドリーな雰囲気がとてもよく、ハイレベルでとても分かりやすい教材をつかっています。
子どもたちが英語を楽しんで学び、そして外国から来た人たちと楽しい会話、コミュニケーションができるレッスンを行い、子どもの英語力を高めていきたいと思います。

エバ先生(スペイン出身)

英語はとても重要な言語ですが、寛容な言葉でもあると思います。

英語は、世界中の人たちと話すことができるとても重要な言語です。ですから、子どもたちが小さな間違いを気にせず、英語を使ってみようと挑戦する姿勢を育むことはとても大切です。

当校は、全年齢に応じた教材を使いながら、子どもたち一人ひとりが前向きに英語を学ぶ環境が整っています。子どもたちが将来に役立つ英語力・知識などを身につけ、英語でお互いを理解できるようになるように、指導していきます。

レリ先生(カナダ出身)

英語力を学ぶうえで、いろんな視点から世界を見る力を身につけることも必要です。

幼児~大人の英語を教えていました。子どもたちに英語を教える時に一番大切にしていることは、子どもたちがいろんな視点から世界を見ることが出来るように、様々な文化や考え方を知ってもらうことです。

そして子どもたちが英話を通して相手をきちんと理解し協調しながら、英語でコミュニケーションできるように可能性を広げていきたいと思っています。

また、子どもたちが新しい分野へ興味を持ち、英語を通してその内容について一緒に取り組めるところが、とても楽しく、やりがいを感じています。 当校は講師・スタッフみんなが仲の良い雰囲気でとても素敵だと思います。

ロビン先生(イギリス)

子どもたちが英語を学ぶ時の環境作りがとても大切です。

日本で第二言語としての英語を教えたいと思い、来日しました。今までイギリスの大学に勤め、幅広い年齢の子どもたちにスポーツを教えていました。スポ―ツの指導法と実技の学位、子どもから大人にまで教えられるたくさんのスポーツの資格(フットボール、ラグビー、ネットボール、バスケットボール、等)を持っています。

子どもたちが英語を学ぶ時、英語を話す国から来た人とうまくコミュニケーションをとれる環境や、“将来海外で勉強したり訪れたりしたい”と思ってもらえるような環境作りが大事だと思います。また日本の場合、カタカナ英語を取り除き正しく発音することも大切です。

当校は、とてもフレンドリーな雰囲気で、子どもたちが協力し合いながら一生懸命授業に取り組んでいます。英語を学習しながら子どもたちが笑ったり楽しんでいるところを見ると、とてもうれしくなります。