札幌市中央区 子供から社会人までの英会話教室 イングリッシュスプラッシュ

事務局 011-213-7361 受付時間:10:00~18:00 資料請求・体験予約
会員専用オンライン授業

先生紹介 English instructor

経験豊富なネイディブ講師、保護者も子供もしっかりサポート
する日本人講師が確かな英語力を指導していきます。

イングリッシュスプラッシュ 校長 ホームス泉

校長
Let’s experience English !

急速なグローバル化が進む今日の社会においては、国際的に活躍できる日本人を育成することが求められています。
インターネットが普及し、観光やビジネスなどにおいても海外との行き来ややり取りが身近となり、世界中の人と接する機会が多くなってきています。

従来の英語教育は英文和訳、書き換え問題、質問に対するステレオタイプな答え方など英語とは何かを教えていましたが、急激な国際化に伴い自分の考え方や意見を表現できる発信型の英語力が求められています。

英語学校イングリッシュスプラッシュでは、英語がわかる・できるだけでなく、これからの社会で生きるために役立つ英語力を身につけることを目的としています。 また、会話力を更に定着できるように日本語で文法の裏づけをする英検クラス、文法クラスも開講し、資格試験、受験合格を目指していきます。
聞く・話す・読む・書くを学習し、確かな英語力を指導していきます。

英語力を身につけるために最も大切なことは、外国人により多くの興味を持ち、英語を好きになることです。
その効果を高めるため、当校では様々な留学体験や体験型学習を企画し開催しています。

継続は力なり。
イングリッシュスプラッシュで、出来るだけ多くの英語環境にふれて、生きる英語力を身につけましょう!

(日) ブリティッシュカウンシル 公式資格取得カウンセラー
(英) British Council Foundation Certificate for Agents (pass/Distinction) Sep2017

外国人講師

経験豊富なネイティブ英会話講師

ジョシュア先生(ニュージーランド出身)

ジョシュア
英語を話すことを楽しめるレッスンをしていきたい

私は、学校での小学校の先生の資格、英語講師の資格等を持っていて、ニュージーランドでは小・中学校の先生をしていました。

スプラッシュでは、幅広い年齢やレベルにあわせられる、英語や他の科目などの様々なトピックを含んだ教材を使って楽しみながらレッスンをしています。
先生達も、教材を工夫して使いながら、自分のベストを尽くして子供達と向き合ってレッスンをしています。

私が一番やりがいを感じる瞬間は、自分が教えていた生徒さんが、自信を持って英語で話している姿を見ることです。
私にとって、これ以上誇りに思うことはありません。

子供達が自信を持って英語を好きになってもらえるように、英語を話すことを楽しめるレッスンをしていきたいと思います。

【校長より】
ジョシュア先生は、日本にきてからは、名古屋で1年半近く英会話スクールで働き、大人から子供まで英語を教えていました。

ショーン先生(アメリカ出身)

ショーン
「英語を楽しむこと」「勉強の仕方がわかること」を大切にしています。

子供たちが英語を学ぶうえで一番大事なことは、先生やネイティブの人たちがどのように英語を使いリアクションをしているかを知ることです。
そのうえで子供たちが英語を話したり、英語に触れて楽しんでいる姿を見るととても嬉しく感じます。

当校は働いているスタッフ同士もとても仲がよく、色々とサポートしあえる部分があるので子供が英語を学び環境としてもすごく良い環境です。

これからも「子供が英語の授業を楽しむこと」「子もたちが何を学び、どのように勉強していくといいのかがわかること」を大切にしながら教えていきたいと思います。

チャールズ先生(アメリカ出身)

チャールズ
子どもの頃から英語を学ぶと、将来就職などで必ず有利になります。

英語学校で13年間講師として勤務していました。子どもたちに英語を第2言語として教える時、コミュニケーションを最も大切にしています。

英語は世界中で使われている言語です。子どもの頃から英語を学ぶと、将来就職などで必ず有利になります。イングリッシュスプラッシュは、みんながとてもフレンドリーで良い雰囲気です。ビデオやオーディオ、オンライン教材など現代的な技術的側面をレッスン内に取り入れているところもとても気に入っています。

レッスンを通して、生徒が英語のスキルを身につけ、自信をつけていく姿を見ることですが、とてもうれしいです。

カーティス先生

カーティス
間違ってもいいのでどんどん話した方が、英語を話せるようになります。

英語を学ぶことは、自分の目標を達成したり、可能性を切り開くための手段です。ですから、発音などを気にし過ぎずに生き生きと話したり、楽しみながら話すことが大事です。

完璧じゃなくていいのです!間違えてもどんどん話しましょう。間違ってもいいから、たくさん話す方が英語を話せるようになります。

子どもたちが成長してく姿(英語が身についているのを実感できること)や笑顔で「楽しい!」と言ってくれることが、英語を教えていて何よりも嬉しいです。

ダグ先生(アメリカ出身)

ダグ
日本の子どもたちにとって、英語を学ぶことは必須です。

子どもたちが英語を使ってコミュニケーションを取り、英語の知識を活用して生活を改善することために必要なことは、「自然な文法、発音、イントネーション」を身につけて話をすることです。生徒の英語力が上達し、英語学習に対するモチベーションが上がっている姿を見ると、やりがいを感じます。

【免許資格】
・TESOL

ケビン先生(アメリカ出身)

ケビン
子ども達が英語を学ぶ時、クラスを楽しくすることが一番大切です。

クラスが楽しいと子供達は自然に英語を使って発展します。しかしつまらないクラスだと英語を学ぶのが嫌いになり集中しなくなります。子供たちが頑張って英語で何かを伝えようとする姿を見た時が一番楽しいです。また英語を習得するためには、体と心の健康を保つ習慣を身につけることも大事です。基盤が強ければ大人になったら、英語を使って何でも挑戦することができます。

【免許資格】
・TEFL

ドリアン先生(オーストラリア出身)

ドリアン
英語は世界共通言語。子どものうちから英語を学ぶことは将来とても役に立ちます。

子どもたちが英語を第2言語として習得するためには、会話をすることが最も重要だと思います。海外旅行をしたとき、英語はほとんどの国で使うことができます。英語を話すことができれば、職業選択、海外旅行、様々なところで役に立ち、多くの機会を手に入れることもできるでしょう。

ニコラス先生(イギリス出身)

ニコラス
子どもたちにとって、英語の基礎を学ぶことはとても大切です。

なぜなら、すべてのことは基礎から成り立つからです。基礎をすでに身に着けている子どもたちは、コミュニケーション力を向上させましょう。英語で会話をしながらコミュニケーションをとることができれば世界中どこに行っても困りません。子どもたちが大きくなり旅行などで異国に行ったとき、英語が話せることは自信につながります。英語や日本語で異国の文化を学んでいるかどうかがポイントになります。

スティーブ先生(イギリス出身)

スティーブ
英語を身に身につけるには、学びながら楽しむことが大切です。

武術のインストラクターの資格(黒帯)があり、ロンドンで7年間、子どもと大人に武術や自己防衛を教えていました。子どもに教えるうえで、一人ひとりを理解すること。英語を学ぶことが楽しいと思うこと、フレンドリーな雰囲気を大切にしています。生徒の上達を見たり聞いたりできたとき。生徒が楽しんでくれている時、とてもやりがいを感じます。