札幌市中央区 0歳からの英会話教室 イングリッシュスプラッシュ

事務局 011-213-7361 受付時間:10:00~18:00 資料請求・体験予約

先生紹介 English instructor

経験豊富なネイディブ講師、保護者も子どももしっかりサポート
する日本人講師が確かな英語力を指導していきます。

日本人講師

保護者も子どももしっかりサポートする日本人講師

佐々木 陽子 先生

子どもたちには、英語への学びを深めながら、視野を広げることを楽しんでほしいと思います。

小学生・中学生を対象にした英数塾で17年間英語を教えていました。 わたしが子どもたちに英語を教える時に一番大切にしていることは、子どもたちが英語を第二言語として身につけられるように、毎回子どもたちが授業で習った英語の知識を自分自身で整理しながら、 構築的(組み立てて築くこと)に理解を深めていけるように指導することです。
生徒の理解が進んで「自信」が持てた様子を見た時、英語の教師としてとても楽しさを感じます。
当校の特長は、正しい発音とイントネーションで会話を学び、段階的に文法を学ぶことができるところです。
子どもたちには、英語への学びを深めながら、視野を広げることを楽しんでほしいと思います。

【免許資格】
・中学英語免許  ・小学校英語指導資格者(J-SHINE)  

西山 エリカ 先生

間違うことで気づける事が沢山あります。間違いを恐れずに挑戦しましょう!

個別指導塾・個人レッスンで、中学生や大人に英語を教えていました。
英語を指導する時は、母国語(日本語)を活かし、結び付けて説明するように意識しています。
英語と日本語は異なる言語ですが、表現したい内容やニュアンスが似ている場合も多いので、共通点を理解すると特に熟語やイディオムに関して、より理解が進みます。また英語を学ぶ時は、間違いを恐れずに何事にも挑戦しましょう。間違うことで気づける事が沢山あります。

当校は、通われる方のレベルやニーズに合うように、バラエティ豊かなクラスを開講していま す。また年齢の異なる人たちと学ぶ環境もあるので、良い刺激になります。

【免許資格】
・TOEIC935点  ・小学校教諭一種免許状  ・中学校教諭専修免許状(英語)  ・高等学校教諭専修免許状(英語)  

工藤 千聖(ちさと) 先生

子どもは自信を持って答える時、とても嬉しそうな表情をします。

第二言語として英語を身につけるためには、子どもの「英語を学んでみたい、使ってみたい」という意欲を育てることが大切です。
わかりやすく飽きさせないように工夫をして英語を楽しいと思う授業をすること、英語へのマイナスなイメージを与えないこと、英語学習を通して世界観を広げること、また子どもたちが間違いを恐れずに発話したり、問題に挑戦する環境作りに力を入れています。

当校は、ネイティブ講師からは生きた英語で会話を学び、日本人講師からは英文法をしっかりと学ぶことができます。そして、様々なイベントを通して、楽しみながら英語に触れる環境があります。

【免許資格】
・TECSOL(児童英語教授法)  ・J-Shine

前田 歩菜(あゆな) 先生

相手に自分の英語が伝わった喜びが、英語力を向上させます。

英語を身につけると、いろんな場面で視野や自分自身の可能性が広がる素晴らしさがあります。
そのためには英語を好き、楽しいと感じながら勉強すること、相手に自分の英語が伝わったときの嬉しさ、楽しさ、達成感を感じることが大切です。

当校は、会話の面を外国人の先生から学び、文法の面を日本人の先生から学ぶことができます。様々な面から英語をしっかり学べるカリキュラムを通して、子どもたちはとても楽しんで勉強しています。
私はオーストラリアに滞在していた経験を活かし、子どもたちの英語力の向上と共に子どもたちの様々な可能性を広げていきたいと思います。

畑中 律子 先生

将来、国内外どこで仕事や生活をするにしても、英語を勉強した時に得た知識や経験は一生役に立つ財産になります。

英語と子どもが大好きです。
以前に英会話スクールと保育園で(英語保育園を含み)勤務していました。
子どもとかかわる時は一人ひとりの性格やその日の状況、成長段階に合わせて対応するように心がけています。
子どもたちが英語を学び、異文化に触れることで視野もぐんと広がり、いろいろな国の人々と交流したり、英語で様々なことを情報収集ができるので、より多くの考えを学ぶことができます。
将来、国内外どこで仕事や生活をするにしても、英語を勉強した時に得た知識や経験は一生役に立つ財産になります。
子どもが「練習」してきた英語を使って、自らの伝えたいという気持ちから「自分の言葉」として英語が出た時は感動します。
また子どもとの信頼関係が築けた時、この仕事をしていて良かったと感じます。
子どもたちが夢や目標を持ち、その目標を実現するために、英語力を学ぶことを継続してほしいと思います。

【免許資格】
・TOEIC 820点  ・保育士資格  ・Vancouver Community Collegeに留学

伊藤 邦晴 先生

小さい頃は文法的なことは気にせず覚えた英語をどんどん使おう。

外資系IT企業に勤務していた時に、社内若手技術者育成講座の講師として教えていました。
英語を子ども達に教える時、英語の約束(ルール)を具体例で示すこと、出来るだけ「できた!」という達成感を与えることを目標にしています。
子どもたちが英語を学ぶ時、小学生まではあまり文法的なことは気にせず覚えた英語表現を使ってみること、中学生になったら、文法を体型だてて理解することが大切です。
本校は「英語が上手くなりたい」と前向きな子が多いので、たいへん教え甲斐があります。
子ども達の実力が確実に向上したと実感したり、例えばこれまで“何となく”正解していた子が「なぜその答えが正しいか」その理由を言えた時、英語の先生としてとても幸せを感じます。

【免許資格】
・TOEIC 860点  ・語彙読解力検定 準1級  ・Micro soft office (MSO) ワード スペシャリスト

近藤 ルイーザマリア先生

語学(英語)を習得するためには、「英語を学ぶことが楽しい」と思うことが大切です。

語学(英語)の習得には近道はなく、楽な時もあれば、難しい時もあります。しかし語学(英語)は時間をかければ、必ず成果は得られます。子ども達が第二言語である英語を習得するためには「英語を学ぶことが楽しい」と思うことがとても大切です。私は、子ども達が英語に興味をもって、積極的に取り組んでいる姿をみられることが教師として一番楽しいです。
当校は各コースに明確な目標設定があります。子ども達が英語を第二言語としてしっかり習得できるように、生徒一人ひとりの疑問点をくみ取り、英語の基礎力がしっかり身につくように指導していきます。

【免許資格】
TOEIC:985点  

成家 康太先生

「英語をもっと話せるようになりたい」、「もっとわかるようになりたい」と思う気持ちが大切です。

子どもたちが第二言語として英語を身につけるためには、英語を学ぶ楽しさ知ること、そのモチベーションを維持することが大切です。授業をとおして、子ども達が「英語をもっと話せるようになりたい」、「もっとわかるようになりたい」と思うように、英語以外のことにも結びつけながら「学ぶこと」そのものに興味を持つような授業を心がけています。当校の子ども達は、いつも楽しそうにいきいきとしているところ、ネイティブの先生とは英語でしか話さないというポリシーなどとても気に入っています。子ども達が今まで知らなかったことがわかった喜びの笑顔や、少し難しい質問にもすんなりと応答できるように成長していく姿を見るたびに、英語の教師としてやりがい、楽しさ、喜びを感じます。

【免許資格】
・英検2級  ・TOEIC:700点 

中山 愛弥先生

生徒が、英語を通して成長していく姿を見るのが楽しいです。

英語は長く続けることで出来るようになっていきます。ですから、まずは英語の面白さを感じながら学ぶことが大切です。私は英語の教師として、生徒の反応を見ながら、生徒が知りたいことや分かっていない所はどこなのかを把握すること、生徒ができるだけ楽しく学べるように心掛けること、そして英語の学習を通じて日本以外の国にも興味を持ってもらえる授業をすることを大切にしています。当校は、塾のような堅苦しさを感じずに、暖かい雰囲気の中で、勉強できるところがとても良いです。また、生徒が楽しそうに通っているところも魅力です。これからも生徒たちが「理解できた」という経験をたくさんしてもらえるように、よりわかりやすい授業を目指します。

【免許資格】
・英検準一級  ・TOEIC:815点